杉養蜂園TOP > 杉養蜂園のいま

杉養蜂園のいま

みつばち通信 2011年 5-6月号

イメージ 杉養蜂園本社近くのれんげ畑

伝統だけに固執せず

 季節は巡り、今年も蜜蜂たちのふるさと・熊本の地に春が訪れました。熊本県南部の八代平野ではレンゲの花が一面に咲きほこり、冬の間じっと羽根を休めていた蜜蜂たちは、元気な羽音を響かせて飛び立って行きました。今年も無事に採蜜できることに、養蜂家は感謝の気持ちでいっぱいです。
 杉養蜂園では、創業以来60年以上にわたって独自の生産哲学である『健やか農蜂業』を実践しています。その一環として毎年秋に米作農家にレンゲの種子を配り、採蜜した後のレンゲは田んぼにすきこまれ、そのまま緑肥として利用されます。また、昭和50年代から熊本の特産品であるスイカなどの生産農家と連携をとりながら、「みつばち交配」用の蜜蜂を安定的に貸し出しています。これらの取り組みは、養蜂家企業としての現場での経験の結晶であり、私たちの大きな財産のひとつです。そして、自然との共生を企業哲学として実践してまいります。

イメージ れんげとみつばち。

 本格的な採蜜シーズンを迎え、これから養蜂家たちは秋田、北海道へと蜂場を移動する予定です。その活動の状況は随時お客様へ情報としてお伝えしてまいりますが、環境や気候の変化にはその都度対応しなければなりません。小詩「みつばち通信」では充分にお伝えできないことも、インハウスのテレホンマーケティングセンターのコミュニケーターよりご案内させていただきます。
まもなく採れたての新蜜をお届けできるかと思いますので、どうぞご期待下さい。れんげ蜜は5月中旬以降の予定となっております。