杉養蜂園TOP > 杉養蜂園のいま

杉養蜂園のいま

みつばち通信 2013年 1-2月号

イメージ 慎重に作業を行う養蜂部員。

自分達の手で

 冬の間、蜜蜂たちがゆっくりと羽根を休ませている時も、養蜂家たちは春に向けた採蜜の準備を進めています。巣箱の洗浄や巣箱づくりも私たちの大切な伝統の一つです。日々蜜蜂の飼育、採蜜を行う中で創意工夫を重ね、改良を加えながら巣箱を手作りしています。

準備 養蜂部も参加して経営方針の打ち合わせを行います。

 毎年の事業計画を練りながら、年間の養蜂活動を綿密にシミュレーションした上で計画的に行っています。養蜂家としての伝統的な仕事も常に将来を見据えた企業活動の一環であるのです。。
 「健やか農蜂業」を実践している杉養蜂園は、お客様のご満足を私たちの喜びと捉えて養蜂業に取り組み、不動な養蜂家企業として責任を果たしてまいります。