杉養蜂園TOP > 杉養蜂園のいま

杉養蜂園のいま

みつばち通信 2013年 5-6月号

イメージ 東京マラソンに参加する専務取締役米田。

自分達の手で

 養蜂業では何より良質な環境が重要になります。自然を相手にしたシステムの構築と地球規模の養蜂活動においては、共通の概念を持つことが企業として永続的なサービスと商品作りに繋がってくると考えています。

準備 もうすぐ採蜜の季節が始まります。

 その一環として、環境保護を唱える東京マラソンの姿勢に共感し、チャリティを兼ねたマラソンに参加することにいたしました。そこで得た健康の喜び、環境保護の大切さをしっかりと胸に刻み、今後どのように自然環境へ貢献できるのかが企業活動上重要であると実感いたしました。