杉養蜂園TOP > 杉養蜂園のいま

杉養蜂園のいま

みつばち通信 2014年 7-8月号

イメージ 現状報告を行う各店の店長

新たな蜜源地の確保

 日々変化するお客様の意識や、多様化するお声に迅速な対応を図るために、これまで経営陣が各地へ出向いて行われていた地域毎のブロック会議を、全店長が一堂に会する全店会議に拡大させました。杉養蜂園では対面販売を活かした独自のシステムにより、お客様との信頼構築を進めています。直営店舗を訪れて商品をご賞味になり、ご納得いただいた方々から情報をお預かりした後に、会報誌「みつばち通信」やお電話を差し上げて、様々な健康情報やご案内をお届けしています。ただし、よりご満足いただくためには、常に見直しと検証を繰り返さなければなりません。

準備改善案について討議を行う米田。

 他社にまねのできない杉養蜂園ならではの価値をお客様へ提供するために、全員が各店長の報告へ熱心に耳を傾け、様々な検討を行いました。他店の状況や課題から自店への気づきを得た者も少なくありません。全員がお客様を大切にする心を更に深く理解し、一層高める場となりました。杉養蜂園では、実際にお寄せいただくお客様からのお声を基に、全社員への教育を徹底し、お客様の立場から構築した全てのシステムをより進化させてまいります。直営店で、またはお電話で、是非ご意見をお聞かせください。全てのお客様に納得と共感をいただくことは杉養蜂園の変わらないテーマです。