杉養蜂園TOP > 杉養蜂園のいま

杉養蜂園のいま

みつばち通信 2014年 3-4月号

イメージ 機能性基礎化粧品 APIMIEL

新たな蜜源地の確保

 わたしたち杉養蜂園がすべてのお客様に支えていただくために必要なのは、「お客様の心と体の健康を実現する商品づくり」への努力を弛まず続けて行く姿勢です。日本は今後、更なる高齢化社会へと突入していくこととなり、医療や介護などの問題が社会全体に大きな影響をおよぼすと予想されます。そのような時代において、養蜂家企業としてできることは、お客様の健康的な生活を、前向きな気持ちで暮らしていただける商品を提供し続けていくことにあると考えております。そのためには、養蜂活動そのものに認識を図りながら、新しい商品を開発し、それが本当にお客様にお役に立てているのか、徹底して検証し、継続する姿勢が必要になります。

準備 お客様の声を聞き、迅速に適切な対応を取る米田。

 今回、「みつばち化粧品」が肌に働きかける機能性成分をプラスし、「APIMIEL(アピミエル)」として新しく生まれ変わりました。この新しい商品シリーズを開発するにあたり、わたしたちは養蜂家企業の原点である、ローヤルゼリーのパワーを最大限に引き出すように心がけました。熟練の養蜂家が厳選した、高品質のピュアローヤルゼリーをたっぷりと使用することが、お客様のご期待に応える最適な方法だと考えたのです。杉養蜂園の化粧品は、季節に左右されることもなければ、流行の成分をそのまま取り入れることもありません。ただ、ローヤルゼリーをはじめ、お客様の肌を変える力を秘めた納得の成分をしっかりと配合し、安心して長くご愛用いただける意気の長い商品を目指しています。お客様の意識が多様化する現代にあって、杉養蜂園が考える健康の定義を実現するため、商品開発を進める企業姿勢への共感を、商品への信頼へと導くことが重要なテーマであると実感しています。